ワイン×新潟県産フルーツ!

こんにちは、スタッフHSです!

今日はクリスマスイブ、と同時に2012年も終わりに近づいてきました。

年末年始は忘年会や新年会などお酒を飲む機会も増えますよね。
ご自宅でお友達を誘ってパーティーをする方もいらっしゃるのでは?

もしもワインが残ってしまった場合は、カクテル「サングリア」を作ってしまうのはいかがでしょうか。
「買ってはみたものの、あまり口に合わなかった」なんて時にも使える裏ワザをご紹介します!

フルーツの産地、新潟県

まずはみなさんに質問です。
新潟県で栽培されている果物をどれくらいご存知ですか?

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

正解は、

  • 西洋ナシ(ル・レクチェ)・・・(3位)
  • スイカ・・・(6位)
  • 日本ナシ・・・(7位)
  • 柿・・・(7位)
  • モモ・・・(7位)
  • モモ(ネクタリン)・・・(9位)
  • この他、メロン(13位)、ブドウ(13位)、イチジク(13位)、イチゴ(27位)、ブルーベリー(28位)が栽培されています。

*2010年統計より。( )内の順位は全国ランキング

ル・レクチェや越後姫(いちご)に代表されるように、新潟県はフルーツの産地として有名です。
柏崎市でも桃や柿、越後姫(いちご)、ブルーベリーなど、果物が栽培されています。
>> 例えば・・「ファームくじらなみ

フルーツをそのまま食べても、もちろんおいしいわけですが、
それらを使ってデザートやドリンク、料理を作ってみませんか?
また違った楽しみ方ができると思いますよ。

サングリアを作ってみましょう

それではサングリアの作り方をご紹介します。

今回は、リンゴ、オレンジ、レモン、バナナを使ってみました。
そしてワインはなんと、1本298円の激安赤ワイン!(一応、スペイン産)
材料費は全部で700円程度!!

【材料】

 赤ワイン(or 白ワイン)・・・1本:720ml~750ml
 リンゴ・・・1個
 オレンジ・・・1個
 レモン・・・1個
 バナナ・・・1本
 はちみつ・・・30~50cc(砂糖でもOK)


【準備するもの】
 1リットル以上入る容器(麦茶のポットでも可)
 スクイーザー
 包丁または果物ナイフ
 まな板


【作り方】

1.果物を切る

cut-Fruit.jpg

リンゴは皮をむき、芯を取ってくし切りにします。オレンジとレモンはよく洗って半分をスライス、もう半分をスクイーザーで絞ってジュースを作っておきます。ワックスなどが気になる場合は、皮をむいてもいいと思います。
*塩で洗うとワックスなどが取れやすいらしいです。
バナナは1cmほどの厚さで輪切りにします。

2.材料を入れる

sangría.jpgポットやジャー(保存用ビン容器)などに、1の材料をどんどん入れます。*オレンジかレモンのスライスを1枚残しておくと、飲むときの見た目が良くなります。はちみつもこのタイミングで入れてしまいます。少し温めたワインに溶かしてから入れてもOK。その後、ワインを大胆に注ぎ入れましょう!

3.漬け込む

ふたをして、冷蔵庫に1日保管します。1日経ったら中にあるフルーツを取り出しましょう。フルーツを飾り的に使ってもよいのですが、食べてもおいしくありません。

4.召し上がれ!!

おつまみを準備して、お召し上がりください。飲みやすいので、飲みすぎ注意です。

いろいろ書いてきましたが、
要するに好きな果物を適当に切ってワインに漬けておくと出来上がりなので、とても簡単です!
安いワインもフルーツの力でアップグレードしてしまいます!
実はオレンジジュースやグレープフルーツジュースを使うと、
もっと簡単だったりするのですが...。

ぜひお試しください!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tabinavi-kashiwazaki.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/645

コメントする

かしわざきで繋がる情報発信基地

tunagariコミュニティ
初めての方へご利用ガイド

コミュニティ最新TOPICS

コミュニティの仲間たち

  • STAFF BLOG
  • Twitter
  • 旅ナビ柏崎モバイル版もご利用ください
このページの先頭へ