旅ナビ柏崎 > コース検索 > 歴史文化コース > 上条上杉氏の史跡を訪ねる

歴史文化コース

上条上杉氏の史跡を訪ねるオフィシャルコース

コース詳細

上条上杉氏は、越後毛利氏や斎藤氏など有力な豪族を牽制するために上条城に配置され、関東管領や越後守護職を輩出し、越後守護上杉家の全盛期を支えた家柄です。上条上杉氏の都の影響を受けた文化をお楽しみください。

中世越後は、室町幕府を開いた足利尊氏の従兄弟上杉憲顕が初代守護となり統治にあたりました。ところが、鎌倉時代から勢力を誇る豪族たちが柏崎にひしめき合い、越後は米山を境に2分されていました。そこで柏崎の豪族たちを牽制するために、第三代越後守護上杉房方は、国府に次ぐ政庁を上条城に築き末子清方を配置しました。清方の孫にあたる第七代越後守護房能は、上杉謙信の父守護代長尾為景の謀反に遭いました。この出来事は越後の下克上と云われ、戦国時代のはじまりともなりました。

コース紹介

  • 移動時間:18分
  • 所要時間:45分
1日目
1

龍雲寺庭園

MAPCODE187217352
所要時間:約30分

【見学】本堂裏手にある庭園で、山の斜面中央に沢から水を引いた段落ちの瀧があります。庭園をご覧いただく際は、予め龍雲寺(0257-29-2361)にご連絡ください。

次の目的地まで車で約3分
2

上条城跡

MAPCODE187188819
所要時間:約15分

【見学】上条城は、戦国時代に越後国府(直江津)に次ぐ政庁として標高15メートルの丘陵上に構築された館城です。

次の目的地まで車で約15分
3

綾子舞会館

MAPCODE298591037

【見学・お土産】庄屋風の建物で、国の重要無形民俗文化財に指定されている綾子舞の衣装などが展示してあります。また、綾子舞に関連するお土産もあります。

※コース最終地点

旅のしおり

  • そのまま作成
  • 編集して作成
旅ナビ柏崎モバイル版もご利用ください

かしわざきで繋がる情報発信基地

tunagariコミュニティ
初めての方へご利用ガイド

コミュニティ最新TOPICS

コミュニティの仲間たち

  • STAFF BLOG
  • Twitter
このページの先頭へ