旅ナビ柏崎 > スポット検索 > 観る > 名所・旧跡 > 原琢斉・得斉生地跡

観る
名所・旧跡

原琢斉・得斉生地跡

柏崎・大久保鋳金工芸の祖といわれる原琢斉(1809~91)と原得斉(1831~67)の生地跡です。原力蔵の長男、琢斉は、江戸の小幡道斉に蝋型技術を学び帰郷すると、弟の得斉とともに、茶器や文具等の美術工芸品としての銅器、いわゆる斑紫銅(はんしどう)製品の製作に活躍し、大久保蝋型鋳金工芸の始祖となりました。なお琢斉は、その後家督を弟、得斉に譲り、39歳頃に佐渡へ渡り、佐渡鋳金の基礎を築くことになります。

原琢斉・得斉生地跡 の写真

原琢斉・得斉生地跡 画像原琢斉・得斉生地跡 画像原琢斉・得斉生地跡 画像

原琢斉・得斉生地跡 のレビュー

読込中です...

原琢斉・得斉生地跡 の基本情報

マップコードMAPCODE187395141
住所新潟県柏崎市大久保
最終更新日2012-03-26 13:02:11

地図

旅ナビ柏崎モバイル版もご利用ください

かしわざきで繋がる情報発信基地

tunagariコミュニティ
初めての方へご利用ガイド

コミュニティ最新TOPICS

コミュニティの仲間たち

  • STAFF BLOG
  • Twitter
このページの先頭へ