観る
名所・旧跡

釈迦堂跡

貞心尼は、天保9年(1838)41歳の時に師匠である眠竜尼(みんりょうに)の死をきっかけに東本町の釈迦堂へ移り、心竜尼(しんりょうに)を師事しました。その心竜尼が亡くなり、天保12年(1841)44歳の時に洞雲寺(とううんじ)二十五世泰禅(たいぜん)和尚から得度を受け、正式に釈迦堂の庵主となりました。それから10年後の嘉永4年(1851)の大火で釈迦堂は焼失しましたが、貞心尼は長岡に出かけていて難を免れました。この時の体験を元に「焼野の一草」(やけのひとくさ)が書かれています。現在建物はありませんが、六地蔵や石仏のほか歌碑が建立されています。

釈迦堂跡の写真

釈迦堂跡画像釈迦堂跡画像釈迦堂跡画像

釈迦堂跡のレビュー

読込中です...

釈迦堂跡の基本情報

マップコードMAPCODE187427098
住所新潟県柏崎市東本町1-16
料金-
時間-
定休日-
駐車場近くの駐車場:市役所普通車120台、大型車駐車可能
最終更新日2012-03-26 11:57:53

地図

旅ナビ柏崎モバイル版もご利用ください

かしわざきで繋がる情報発信基地

tunagariコミュニティ
初めての方へご利用ガイド

コミュニティ最新TOPICS

コミュニティの仲間たち

  • STAFF BLOG
  • Twitter
このページの先頭へ